7と9のあいだ

26歳の新婚ほやほや主婦が日常の様子を書くブログ

本を読み終わると淋しい気持ちになる

 

壇蜜さんの「壇蜜日記」を読み終わった。

最初は他愛のない日常生活が綴られているところに、入り込むまで時間がかかったが、いざ終わってしまうととても淋しく感じた。

憧れている人の見えない部分を知った時って、そしてそれが意外といい意味で人間くさかったりすると、途端に親近感がわいて、ますます好きになったりするものだ。

そういう意味ではこの本は、とても上手いと思った。