読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7と9のあいだ

26歳の新婚ほやほや主婦が日常の様子を書くブログ

【備忘録】 転職活動での苦い経験

転職活動の記録

 

面接2社目:M社

【選考の流れ】

9月上旬 RP社経由で応募

9月中旬 一次面接

人事担当者

翌々日 不採用通知

 

エージェントさんとの面談の後、

私がやりたいことはライティングなのではと整理されはじめ、

編集関連の求人をかけてたM社に応募。

 

R社に次ぐ大手ということもあり、同日同時刻に採用面接を受けにきている人が何人かいた。

 

面接はハキハキと話すことができたが、

「総合職なので全国転勤の可能性があります」と説明され、動揺する。

 

求人情報にも、エージェントさんからもそんな話はなかったぞ。

公式の採用サイトもチェックしていたはずなのに。

まさかの確認ミス。

 

うーん、転勤は想定してなかったし、転勤があると知っていれば応募しなかったので、困った。

しかし面接の場でそういう態度はいけないので、

自分なりにできる限り前向きな回答は心掛けた。

 

後日、エージェントさんからの不採用通知に非情なコメントが。

 

「理由:

自分のライフプランのことしか考えていない。

子どものことで頭がいっぱい。

総合職のニーズにマッチしない」

 

かなりダイレクトにきついコメントだったので、エージェントさんに確認したら、

「エージェントが人事からのコメントを変に要約したり解釈して伝えると事実と違うニュアンスで伝わる可能性があるので、そのままお伝えしています」

とのこと。

 

まじか。

すごくショックで立ち直れなかった。

そんな風に伝わっていたとは。

 

子どものことは、私が自分から積極的に押し出して話したわけじゃないし、

「子育てしながら働きたいです」と

前向きに伝えたつもりなのに、人事にはそう伝わっていたのか。

面接のときは普通だっただけに、なおさらショック。人間不信になりそうになった(笑)

 

でも、よく思い返せば、言葉の端々に子どものことがあった気がする。

次に転職する企業は、子育てしながら働ける会社がいい!!

と強く思いすぎて、それが回答の時に無意識にでていたんだと思う。

退職理由とか、転勤のこととか、今後のこととか。

質問のところで育児休暇関連の質問したこともまずかったと思う。

 

エージェントさんと話していて、伝え方に気を付ける必要があるなと実感。

制度の話を単刀直入に聞くと、「こいつは入社する前から制度を使って休む気満々だよ!」

と人によっては解釈される可能性もあるので、そうではなくて、

「個として会社に認められる人材になったうえで、子育てしながら働きたい」

というような、伝え方をこころがけようと思った。